太田区の持ち家に長年住んでいた義父の葬儀に出席した時の様子

お寺で行われた葬儀に感銘を受けた

義父の家は地域に根づいていましたので、地元の太田区にある大きなお寺の檀家でもありました。
そのためお寺を借り切っておこなった葬儀は、一般的な全国チェーンの葬儀社のホールなどでおこなうものとは趣がかなり異なっていました。
玉砂利が敷かれた広いお寺の敷地の一角に、義父が社長をしていた子会社の社内などから駆り出された数人の人たちが受付を担当し、社葬であるだけにとても多くの人たちが参列しました。
また、昔からの地元の名士や幼なじみなどもたくさん出席し、それはそれは盛大な式となったのです。
確かに、太田区にある葬儀社の近代的かつさまざまな設備機器がそろっているホールなどでおこなっても、義父の葬儀はとても立派だったことでしょう。
ですが、昔ながらのしきたりを重んじる大田区のお寺の歴史ある建造物の中でおこなわれた式には、私は一種の崇高な心映えを感じるなど非常に感銘を受けました。

仕事現役の義父が急に亡くなった | お寺で行われた葬儀に感銘を受けた | 昔ながらの葬式が素晴らしかった

大田区 葬儀世田谷区 葬儀